スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 10 03 C3-D5 【5割消滅、そして】

前田智徳選手、本当にお疲れ様でした。 涙が出て何も書けないので今日はもう寝ます。

明日また和の誕生日記事で会いましょう

2013 09 25 D0-C2

広島東洋カープ、16年ぶりのAクラス入り、そして
初のクライマックスシリーズ進出おめでとう!!

2013 09 23 G4-C3 【6勝3敗、100点。】

勝ちも勝ったり6勝。確かに最期の連敗は悔やまれるところですが、
あまり不安視しているカープファンは多くは無いんじゃないですかね。

私のその内の一人で、これまであれほど苦手だった東京ドームでの巨人戦で、
阿部が居ない巨人とはいえここまで善戦(それも1勝)出来るとは思いませんでした。

初戦のマエケンのピッチングは、まるで高熱があるとは思えないような内容でしたし、
負けてしまいましたが、2戦目3戦目もよく頑張りました。ホームランが出ているのがいいところではないでしょうか。

目の前で胴上げを見る形にはなりましたが、納得の優勝という感じで、特に悔しさというのもありませんでした。

遅れましたが、巨人優勝おめでとう! ッチ(舌打ち) 相川もおかしいよ・・・


まあ今日の試合に触れなければならない記事タイトルなので一応振り返ってみますか。

でも、今日はもう予想よりいい結果なんじゃないですか?
前回あれほどの球数を放った大竹が、相性の悪い中5日で登板、それも今シーズン初めて巨人戦且つ東京ドーム。

初回は制球難と巨人打線のうまさにやられて2点献上。しかしバックも踏ん張って2点で済みました。
でもさすがに、この2点で大勢は決まってしまいましたね。 2年目の巨人今村を打ちあぐねて競り負け。

連続無失点中のマシソンから得点出来たというのが今日一番の収穫ではないでしょうか。

中5日にせざるを得ないのがカープの層のレベルですし、やはりそのあたりも巨人との差を感じます。
となれば、やはり優勝するのは必然なのかな、と。 悲しいですけど。


「マネーボール」という単語を聞いたことがある人も居るんじゃないかと思いますが、
カープが目指すべきはまさにこの「マネーボール」なのではないでしょうか?

詳しくは省きます!

アスレチックスの強さを見る限り、やはりカープが優勝するには、節制と効果的な起用を極めるしかないでしょう。

2013 09 19 C3-T1 【マツダ6連戦、5勝1敗】

奇跡が起こりましたね。なんというか、奇跡でしょう、これは

阪神はともかく、巨人に3タテなんていつ以来でしょう?

まあまずは今日の試合から。

カープ戦を非常に得意としている坂に一発を浴びてしまうという昨日の流れを引きずっているような立ち上がり。
続くマートン・鳥谷に出塁を許しましたが、後続を菊池のファインプレー等もあってなんとか初回1失点。

2回表をすんなりと抑えた後、好調な下位打線で1点を取って同点に。
ここでエンジンがかかったのか、特に変化はなかったのか・・・ バリントンは7回までゼロを並べました。

7回裏は岩本が決めてくれましたね。やはり今後も代打として使うなら松山よりも岩本でしょう。
今日好調の菊池も犠牲フライで貴重な追加点。

初回を除いて終始いい流れで戦えたんじゃないかと思います。 
ただ、3番4番がチャンスで打てなかったのは不安要素ですね。

永川・ミコライオもそこそこ良い内容だったのではないでしょうか。

これでまさかの6戦5勝。 なんというか、本当に信じられません。

こんな勝ちを味わって、来年以降、もっと言えば明後日以降試合を見れるのか不安になってくるレベルですね。


残りの試合を7勝4敗で5割ですが、ちょっと厳しいですかね。
東京ドームでの巨人戦は、マエケンで1つ必ず勝つことを目標に、1勝2敗が関の山でしょう。
もし2勝できれば、本当にもしかすると5割でシーズン終了も見えますが・・・


なんというか、ここ最近ニヤニヤが止まらないんですが、本当に嬉しいですね。
去年のあの悔しい経験がありますから、余計に。

2013 09 15 C10-G0 【残り全部・・・】

いや、なんとまさか巨人に2連勝するとは・・・

マエケンはともかく、昨日のバリントンがしっかり粘ってくれたのが大きかったですね。
キラの3ランもこれ以上ない場面で出てくれました。


今日は本当にスイスイ行きましたね。石原の四球から大きく流れがこちらに向きましたね。
そんな中でマエケンが野手顔負けの打撃。ボールゾーンの球をセンター前へタイムリー。

丸も続いて二塁打。しかし結局その後も無死満塁としましたが、犠飛によるわずか1点どまり・・・

巨人相手に4点というリードはたとえマエケンでもセーフティリードとは言えませんから、
この時点ではまだわかりませんでした。

しかし丸がこの日3本目のヒットでチャンスメークすると、このところ絶好調のエルドレッドが待望の追加点。
7回裏にもダメ押し点を入れて今季二度目の巨人戦で二桁得点。

ピッチングでは7回87球で中4日のマエケンが完璧に抑え、8回9回と今村が2イニングきっちり抑えました。
7回裏にマエケンの代打で出た鈴木誠也はプロ2打席目でしたが、空振り三振。初ヒットはいつになるでしょうか。



これからのローテがどうなるかはわかりませんが、マエケンとバリントンは中4日・中5日で、
大竹・野村は基本的に中6日で回すのでしょうか。あまり無理させて不調になれば逆効果ですし
シーズン終盤ですから、若手の谷間先発もいくつか試さなければいけないでしょうね。

それにしても、日程が偏り過ぎていて、大竹がまた明後日かその次の日に苦手の阪神戦に登板するという事態に。
一度ローテを飛ばすにして、谷間の先発投手がいませんからなかなか厳しいです。


喜ばしい事に、カープがかなり有利な状況になってきましたが、まだまだCS争いは終わっていません。
中日も、かなり勢いがあるように思いますから、なんとか同じだけ勝たないといけませんね。

阪神が失速気味で、いつか、もとい明後日から爆発するんじゃないかという恐怖感が非常に大きいです。
しかしマツダスタジアムで3連戦するわけですから、意地でも負け越すわけにはいかないでしょう。

1勝1敗1分けでも良いので、借金を作らないように乗り切らないといけませんね。

現在借金5ですから、返済できるように頑張ってほしいです。
かのパイレーツも、長年の借金生活から抜け出したわけですし・・・

2013 09 04 C2-D0 【エースで勝たねば】

マエケンが投げている間は2点で十分だと思います。しかしイマイチ信用しきれないのはリリーフ。
ミコライオも3球目まではかなり怪しかったですし。

ただやはり重要なのは打線でしょうか。リリーフが何点取られても勝てる、とまでは言いませんが
先発からの継投時にグランドスラム1発分くらいの差は欲しいですね。でもやっぱりそれも贅沢すぎますね。

今日は貰った1点とわずか1本のタイムリーで勝てましたが
明日はそういう展開になりそうもないです。今季の大竹は左相手にかなり苦労していますから
明日は 大島・森野・クラーク・周平 このあたりに要注意ですね。

カギを握るのはやはり制球でしょうか。それから、球審とのゾーンの噛み合いも重要だと思います。
左打者へのフロントドアが使えなくなるとかなり厳しくなりそうですし・・・

ただシュートの他に逃げる軌道のチェンジアップもあるはずなのですが
やはりすべては制球とリードでしょうか。


今日の試合は少し反省すべき点が多かったですね。守備の凡ミスがここにきて増えてきたような気がします。
(復活したというべきなのでしょうか?笑)

やはりタイムリー欠乏症が深刻です。無死のランナーくらいは生還させたいなあ(遠い目)
犠打で簡単にアウトを献上するのも考え物です。不調時だからこそ強攻策もアリかな、とか・・・

それから、エルドレッドはそろそろというか明日にでも由宇、もしくは解雇もありうるレベルで不振ですね
ルイスが2軍でどれほどの調子なのかは把握しかねますが、入れ替えをいち早く行うべきです。

左ばかりになるのがダメなら、右の野手、もしくはリリーフ要員をもう一人増やすべきだと思います。


しかしそう簡単に事が運べば、どのチームも運用に苦しむわけないんですよね。
単純に実力が足りない、層が薄い、そして監督も・・・
咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。