スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 09 06 D1-C4 【M3】

ついでにこちらも記事投下しておきましょうかね

野球記事となると前回が2014年の7月なので近年で最悪のシーズンだった去年はひとつも記事にしなかったということになります。実際結果論事件があってから何の感情もなく試合を見る日々でしたからね。

さて、まあ今更なんですが2014年は非常にいいシーズンでしたよね。
野村監督が「勇退する」にふさわしい戦いぶりだったのではないでしょうか
それだけに去年の失速具合には怒りを禁じ得ませんでした。
正直あまり思い出したくないので去年のことは多く語りません。

さて今年。
気づけばマジック3です
選手も口々に「マジックについては感覚としてよくわからない」と言ってますが
私もカープにマジックが点灯したのを見たのは生まれて初めての事なので実感があるかないかと言われれば全くありません

交流戦後半から11連勝というのもあり、8月頭の4連敗も劇的なサヨナラで脱出しました。
ここまでの内容が濃すぎてこうも一発目の記事が遅いと全てを書き出すことは不可能ですね。

出場する選手がことごとく活躍し、通年出場している選手は打撃でも守備でもセイバー指標含め優秀と来てます。
他球団の選手成績から鑑みてもこの順位は全く不思議ではないといえます。

昨年の状況からよくここまで加速できたな、と素直に驚いています。
前田健太が移籍、という巨大隕石衝突並みの災害が発生したチームとは思えません。

個人を詳しく振り返るのはやめておきますが、MVP投票ではかなり割れるのではないかと思います。
カープ選手内のWARでいうと野手が菊池、投手がジョンソンということになりますが、
印象度では新井・鈴木誠也はダントツ、中継ぎ陣や黒田等、1位票が無くても2・3位票を多く獲得しそうな選手も。

私個人でいうと、1位票新井、2位票菊池、3位票ジョンソン ですかね うーん・・・
WARに関しては菊池がそこまで抜けているというわけではないので、
「本当に厳しい場面でどうだったか」「チームに何が必要だったか」を含めて考えると、
1位票新井 2位票鈴木誠也 3位票ジャクソン という感じになりますね。
これは身も蓋もないですが菊池に関してはもはや何やっても驚きませんからね

近年の野球では安定した中継ぎ投手は何より重要な要素で、
ここ数年でもすべてのチームに「後ろ3人」の絶対的な存在がありました。
カープとしてもジャクソン、中崎、(今村)、(ヘーゲンズ)と3枚ないし4枚、信頼できる投手が揃っています。

首位打者なら鈴木誠也、打点王なら新井、安打数ダントツ・打率高水準で菊池という感じですかね。
(まあ要するに新井が一歩リードということなんですが)

欲を言えば昨年の山田レベルの成績の選手が一人いて、というのが理想と言えば理想ですが
これに関しては鈴木誠也に期待するしかないですね。
首位打者でなくても.340 30本 95~100打点に届けば文句なしでMVPかと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。