スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十三回キャラクター考察:蒲原智美編

蒲原 智美 (かんばら さとみ) 鶴賀学園高等部3年生。麻雀部部長。
性格はお気楽屋。誕生日は未公開。

鶴賀学園麻雀部をかじゅと共に立ち上げる等、行動力には定評がある。
周囲に謎の一体感を生む、リーダシップとは何か別のモノを感じさせる人物。

長野県団体戦決勝の卓では-18600点で、あまり芳しくはないものの、
好調だった久・一の二人と半荘2回やってこれということを考えると悪くないような・・・
しかしあまりに文堂さんが先に放銃しているシーンを見たような見なかったような。

SSでの登場はまさに神出鬼没で、自慢のマイカーで東北や近畿や果ては九州にまで現れる。
持ち前の「話しやすさ」で相談相手になったりフォローしたり・・・
聖人ですね。ずぼらですが。 癒しポジションなのかもしれません。


以下コメント返し

>おいィ!?タイトルに対しての結論が無い不具合

 結論としては「研磨できるものも存在する」
 記事にも書かれていらっしゃいますが、玄ちゃんですね
 ドラを大切にしていたらだんだんドラが集まってくるようになった
 これが研磨に当たるでしょう
 伸び代がまだあるのかは情報不足なので分かりません

玄ちゃんはもう後はメンタル面だけだと思います。実質最強クラスですし・・・

>ダブルや!(ライフを3000ポイント支払い2巡先を見ます)

コストの多すぎる血の代償はNG

>練習で能力そのものを強化できた例なら怜がいますね。
 負担が大きくなるようですが。

通常の状態で2順3順と見ることができれば流れを操作することも容易になりそうですね。
まあ、そういった物を強引に捻じ曲げてくるのが魔物なんですが

>塞さんは塞ぐ回数を増やすことは出来そう
 トリガー?だったモノクルは咲さんに破壊されましたが、
 塞さん自身の体力(精神力)をつけていけば強力だろうなあ。

 やっぱりあのスタイルをもっと良くしてもらいたいし
 そのためにも泳ぐために海で水着を早く(ry

怜といっしょにトレーニングですね。すばら!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

実はお嬢様ぽいよね
家が豪邸で、ワーゲンをポンと買ってもらえるところとか。
そうするとかおりんもお嬢様で、昔から付き合いのあるのかもしれんね!!

No title

ワハハって、おそらく展開の割を食ったキャラなんですよね。
鶴賀は隠し玉として次鋒、副将が活躍しましたが、その分どこかが失点しなければ、大将戦突入時に一位になるほど強豪になってしまうのもおかしくなりますし。

中堅としては永水の春や胡桃のような守備型の選手に近いと思います。本当はもっと失点を抑えられたのでは・・・?と思います

No title

実は大物、という雰囲気を醸し出しておきながら
特に活躍もないまま闘牌シーンが終わってしまい肩透かしを食らった印象のあるキャラですね
それを取り返さんとばかりに咲日和でたくさん出演機会があって万々歳です

No title

すばら、キャップと並んで三聖人だと思ってます

No title

アニメ個人戦も含めて、描写されている限りでは一度も振り込んでないんですよね。
ただ「ぜんぜん和了れなくて」、羊先輩のようにツモで削られ続けた結果があの失点という。
25000点持ちならトビが見えるところまでツモだけでむしられるあたり、この世界の異常さを改めて感じます。

癒し系なのは同意ですね。
真面目で押しの強いかじゅに対し、大らかなワハハさんがいるおかげで堅苦しい雰囲気にならず上手くバランスが取れている印象。
咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。