スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲春場所5日目

序盤が終わったので少しだけ振り返って行きます。

まず大砂嵐。どうやら怪我は大丈夫だったようで、今日まで唯一平幕で勝ちっぱなし。
ぜひ二桁まで伸ばして、上位と総当たり出来る番付まで上げてほしいですね。
今場所中に終盤上位陣と組まれる可能性もありますけど。

続いて遠藤。4日目までは上位の壁にぶち当たりましたが、今日は稀勢の里を下して初日が出ました。
組むことに拘らず、突っ張って行ったのが功を奏しましたね。
しかしそれよりも、稀勢の里は相変わらず腰高で落ち着きがありませんでしたね。焦り過ぎです。


そして3日目に土のついた鶴竜ですが、4日目5日目と立て直してきました。調子自体は悪くないようなので
ここからおそらく14日目に組まれるであろう白鵬戦まで星を落とさず行ってもらいたいものです。


白鵬、日馬富士はどちらも危なげなし。特に白鵬は5日連続で厳しすぎる程厳しい相撲で勝っていますね。
日馬富士は、今日の相撲が非常に良かったと思います。これまでで一番の内容だったのではないでしょうか。

明日の6日目以降からの見どころは、
・大砂嵐の連勝がどこまで続くか
・今場所最後の横綱大関戦を白星で終えた遠藤が関脇以下の力士に対してどこまで勝てるか
とりあえずはこの二つでしょう。

他にも鶴竜の綱取り等も引き続き注目していくべきところではあるでしょうね。
豪栄道は悪い癖が出て今日初黒星。やはり本命候補とはいきませんでしたね。


以降、ではなく明日の取組に限定して言うならば、結びの一番、関脇栃煌山 対 横綱日馬富士ですね。
日馬富士が苦手の栃煌山に対して、今日のような厳しい相撲が取れるかどうか、
挑戦する栃煌山は、胸を合わせて行けるかどうかがカギになりますね。

栃煌山はもろ手突きよりも、頭で当たっていく方が効果的だと思います。
日馬富士は喉輪で起こしてくる可能性が高いので、その点にも注目すると面白いと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。