スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 09 04 C2-D0 【エースで勝たねば】

マエケンが投げている間は2点で十分だと思います。しかしイマイチ信用しきれないのはリリーフ。
ミコライオも3球目まではかなり怪しかったですし。

ただやはり重要なのは打線でしょうか。リリーフが何点取られても勝てる、とまでは言いませんが
先発からの継投時にグランドスラム1発分くらいの差は欲しいですね。でもやっぱりそれも贅沢すぎますね。

今日は貰った1点とわずか1本のタイムリーで勝てましたが
明日はそういう展開になりそうもないです。今季の大竹は左相手にかなり苦労していますから
明日は 大島・森野・クラーク・周平 このあたりに要注意ですね。

カギを握るのはやはり制球でしょうか。それから、球審とのゾーンの噛み合いも重要だと思います。
左打者へのフロントドアが使えなくなるとかなり厳しくなりそうですし・・・

ただシュートの他に逃げる軌道のチェンジアップもあるはずなのですが
やはりすべては制球とリードでしょうか。


今日の試合は少し反省すべき点が多かったですね。守備の凡ミスがここにきて増えてきたような気がします。
(復活したというべきなのでしょうか?笑)

やはりタイムリー欠乏症が深刻です。無死のランナーくらいは生還させたいなあ(遠い目)
犠打で簡単にアウトを献上するのも考え物です。不調時だからこそ強攻策もアリかな、とか・・・

それから、エルドレッドはそろそろというか明日にでも由宇、もしくは解雇もありうるレベルで不振ですね
ルイスが2軍でどれほどの調子なのかは把握しかねますが、入れ替えをいち早く行うべきです。

左ばかりになるのがダメなら、右の野手、もしくはリリーフ要員をもう一人増やすべきだと思います。


しかしそう簡単に事が運べば、どのチームも運用に苦しむわけないんですよね。
単純に実力が足りない、層が薄い、そして監督も・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

流石マエケン、勝負所で崩れないエースの投球でしたね
エルドレッドはこういう時に決め手として働いて欲しい選手なのですが厳しそうですね
投手陣が頑張っている間に最悪来週の巨人戦までには野手陣に立ち直って欲しいですね
巨人相手ではある程度点も取らなければ勝てないでしょうし
咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。