スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3敗で綱取りが継続?

あまりにも甘いのでは? と言わざるを得ない状況ですよね。
大関取りの時もそうでしたが、稀勢の里は期待され過ぎなのと周りが甘やかしすぎです。

私から言わせてもらえば、稀勢の里は番付運に恵まれなさすぎでしたので
まあ、これくらい甘くなってもいいじゃん? とか思ってしまうんですけどw

というのも、彼は小結で6場所近く勝ち越しを継続しても関脇にあげてもらえず、
初日や早い段階で横綱・大関と組まれる時期が続き、メンタルの弱さからなかなか勝ちのリズムを
得られなかったと思うんですよ。(ちなみに当時に聖域関脇は琴光喜(笑)でした)

だからといってはアレなのですが、多少甘くても、というのはあります。



私が相撲を見始めたのは丁度貴乃花が居なくなってからで、朝青龍が台頭し、
間もなく武蔵丸も引退していきました。

すでに大関だった魁皇や千代大海の綱取りはほぼ不可能だと確信していましたから、
たとえ優勝してもそこまで期待はしていませんでした。

しかし、栃東は違いました。 怪我がちの小柄な体格でしたが、
全盛期の朝青龍にも全く引けを取らない強さでした。

その栃東が綱取りに挑戦した時を思い出すと、3敗でも容認 なんて雰囲気には全くなっていませんでした。
実際3敗した時の事も結構鮮明に覚えていますし、かなりガッカリしましたね。

そこから琴欧洲や白鵬といった更なる外国人力士の支配が始まり、ようやく危機感が出てきた頃には
栃東は病気の関係で引退・・・ 

その頃から大関陣は優勝どころか二桁も厳しい惨状に。

白鵬が横綱になり、朝青龍が辞めてからは一気に大相撲の勢いが失われていったと感じました。
まあ、確かに不祥事が重なり、その影響もかなりありましたが、やはり不足していたのは強い日本人力士でしょう。

最近は自分の形を持った日本人力士が不足がちですよね。
少し前の若手のひとくくりと言うと、琴奨菊・稀勢の里・豪栄道・栃煌山 この4人ですか。
二人大関にはなりました。なりましたが、やはりパっとしませんね。

横綱の器には到底足りていないと思います。

稀勢の里はコンスタントに二桁勝てる、これまでに足りなかった強い大関でかなり貴重な存在ですが
やはりまだ甘いです。 考えて相撲を取っているようには思えません。

琴奨菊は所謂クンロク・ハチナナ大関ですね。地位を守るだけで精一杯、優勝は横綱にあげちゃう! みたいな。


ここで突然ですが今一番期待している力士をあげますと、千代大龍、それから遠藤。
千代大龍は強力な立ち合いと突き押しが「自分の形」として持っている、
私が待ち望んだ千代大海イズムの後継者。素晴らしいと思います。 ちなみにインタビューも面白いですよ。

それから遠藤。 エリート街道をひた走る入門3場所目の怪物。
今場所も新十両で優勝まであと1勝と、まさに規格外の新人ですね。

まだ髷も無く、雅山や出島を彷彿とさせます。どちらもケガ無くやれればすぐに幕内上位で定着できるでしょう。


長くなり過ぎたので切ります。 続きは多分違う話題の時に少しやるかもしれません。

とりあえず次の相撲の話題は千秋楽の後ですかね。白鵬の全勝優勝に100ペリカ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。