スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新カテ投稿テスト:【二刀流について】

本当は今日カープが勝ったらと思ったんですけど、案の定負けてしまいました。

二刀流と言えど、やはりどちらかが「太刀」そしてもう一方は「小太刀or脇差」を使うわけですから
今日の大谷のピッチングは間違いなく脇差です。
まあ、中には両方太刀を持つ流派も存在するようですが・・・

明らかに今日は「打者大谷」が勝っていましたね。二塁打に四球、そして打点付きの内野ゴロ(対左)。
最後に三振はしてしまいましたが、おそらく4回3失点のピッチングよりは評価に値する成績でしょう。
出塁一つできず、長打の打てない野手は毎日たくさんいますから・・・

やはり難しい挑戦だとは思います。 それに、まだピッチングはどう見ても1軍レベルではないでしょう。
特に制球難でしょうか。まあ確かにこれはどの投手も抱えている悩みなのでしょうけど、
その中でも苦しんでいるような印象でしたね。

ただ、「打者大谷」は非常に強力な戦力になっていると思います。
少なくとも相手先発が右投手の場合は、スタメン固定をした方がいいレベルで打っていますから。


大谷評はこのくらいにして、問題はその脇差投手から3点しか取れない赤ヘル打線()ですよ。

これだけ制球が荒れて、甘い球が沢山あったピッチャーからソロ1本はともかく、
よくわからないプレーでの2点で合計3点って一体どういう打線なんでしょう?

まあ確かに、このところのスコアを見れば3点でも大したのですが、その内容というのが上記のような物では
全く持って話になりません。

1番安部も良くわからない采配でしたね。
梵の休養も兼ねて、という事だったんでしょうけど、1番丸、2番菊池、3番松山を崩せばどうなるか、
一昨日のゲームで十分わかったはずです。結果的に松山の本塁打はソロに、
そして安部は情けない三振の後半ば懲罰交代のような形でベンチへ。

エルドレッドの死球に関してはこれはどうしようもない事なのでなんともいえませんが、
おそらく次のゲームは欠場するでしょうね。(新外国人のカアイフエが出るという噂もありますが)

それから、今日一番ダメだったのは継投です。これは間違いないでしょう。
使う監督も監督なら、出てくる投手も投手ですよ。四球四球死球→無死で次へスイッチ。
正直信じられません。ただひたすら「水差し野郎」と呼んでやりたい気分になりました。

その後を受けた久本が、ランナーをかえしつつも完璧なリリーフをしたので、さらに情けない気持ちに。

河内の起用法についても最近はただひたすら疑問符が浮かんできます。
いい加減対右打者(特に強打者)に使うのはやめた方がいいと思います。

右打者が来れば右へスイッチする、それがたとえ左打者を抑えた後でも、歩かせた後でも、ヒットを許した後でも。

それに、明日、明後日と試合が無いのに今村・ミコライオを2点ビハインドで温存する意味もあまりありませんから
ますます河内の被弾は必要のない物になってしまいました。
(個人的な感想を述べれば今村を出してもHRという結果が変わったかどうか怪しい、というところですけど)

とにかく今日は反省すべき点が非常に多かったような気がします。
今季ワーストの試合とまではいってないでしょうけど、明らかにそれに近いような内容です。
ゲームが長引いて忘れかけていましたが、今日の野村は最悪でした。ここまで球数が多いとどうしようもないですね。


1ゲームごとに一つ一つ作戦を練り、緻密な野球が出来るようお願いしたいです。(できるかどうかは別として)



このブログも、今日から咲とスポーツの二刀流で行きます。果たしてどちらが太刀で、
どちらが脇差になるのでしょう? 出来れば両方に野太刀をもって振り回すくらいの気合で行きたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。