スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十三回キャラクター考察:石戸霞編

石戸 霞 (いわと かすみ) 永水女子高校3年生。
性格はなんというか保護者。優しいお母さん。キャップとはまた別の何か・・・

牌じゃなくもっと違う何かに愛された者であるという噂。はやりんと真っ向勝負できるおもちをお持ち。
(というか勝ってる)

部長は巴さんなのでしょうか? 貫録からすると部長じゃなくて超強い参謀ポジションとか最高顧問的な
役職が用意されてそうなカンジですよね。

そういえば前々から思っていたのですが、「神を降ろす」というのは小蒔個人の能力ではなく、
その血筋特有の物なのでしょうか?

霞さんは血筋が最も近いので、ある程度神を選んで降ろせるのかもしれません。
そして、分家の一部である初美等は、最初から1人だけの神が憑いているという状態なのかも。

つまり初美をお祓いすると・・・

打ち筋そのものは守備型で、リードを保つ戦略を取っていたようですが、
本来大将は守りのポジションであるべきですよね。

そうでないなら、わざわざ「先鋒」というポジションにエースを置くというセオリーは存在しないはずですから。

ベストなのは先鋒・次鋒で稼いで中堅副将でさらにせめてトバすか、
つないで大将が守りきるというパターンでしょうね。

この点だけ見て行くと、永水、阿知賀、(白糸台)がこういったタイプではないかなと思います。
但し白糸台は副将までにトバせなければさらに大将でもトバしにかかるという超攻撃型でしょうか。


後半霞さん殆ど関係ない話になってすいませんでした!


【コメント返し】
>もう少しいい試合で勝ちたかったですなー
 いくら最下位脱出だといわれても全然嬉しくない 親友が広島ファンなので余計に…
 最近の西武といい、プロにあるまじき試合が増えてるような気がします。
 野球人気を出すためには、まず自らが努力することが大事なのではないでしょうか

 ついでにジョイナスはチェンジで

逆シリーズのカードは双方ファンがカリカリしますから、中々に精神にキますね。
今日は本当によくわからない試合になりました。 らしくないと言えばらしくない試合でしたからね。

高木監督は依怙地になり過ぎですよね。ただあの戦力では回らないモノもあるのでしょう。
それはこちらも同じような状況であるので、気持ちは痛いほどわかります。
まともな監督なら、と思う事も3年間でもう何度もありましたし・・・

田島・岡田両投手はそろそろ休養が必要でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

霞さんはおそばの後お茶目なことを言って場を明るくしたり小蒔に付いてったりと本当に優しいお母さんですね 大好きです
永水は来年どうするんでしょうか 霞さん、はっちゃん、巴と麻雀以外でも重要な3人が抜けてしまいますし

田島には本当に休みをあげて欲しいですね
防御率7点台なんて投手じゃないはずです 交流戦日程で少しは救われれば 逆に酷使なんてならなければいいんですが

No title

霞さんの地味に凄い所は、姉帯さんの追っかけリーチをすぐに能力と看破した所。(いいのかしら・・・?と末原さんの挑戦に対して思っていた)
やはり本来は守備型なのでしょうね。振り込みの描写が無いですし。

霞さんと姫様は近い神様を降ろせるのでしょうかね。なんとなくですが、アニメ一期のラストの九蓮の描写、絶一門ならぐっと手繰り寄せられますよね。

姫様がおそらく、天性で神を降ろすエキスパートなのでしょうかね。

来年以降ですが、追加されたキャラの明星ちゃん(黒髪のほう?)+もう一人の子に期待しましょう。
咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。