スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【キャラソート】カレンダーを点線に沿って破りさるッ!【今更】

そしてそこに映るいつぞやの戦犯達をぐちゃぐちゃに丸めてゴミ箱へダンク・・・
ちなみにそれはカープカレンダーで、映っていたのは今村と岩本でした。
そしてめくると栗原(行方不明者)の写真が。 あっ・・・(察し



頂いたコメントの中にキャラソートという単語が含まれていたので
私も今更ながらやってみることにしました。

結果

1 弘世菫
1 宮永照
3 三尋木咏
4 鶴田姫子
4 白水哩
6 松実宥
6 小瀬川白望
8 桧森誓子
8 園城寺怜
10 愛宕洋榎
10 姉帯豊音
10 佐々野いちご
10 新子憧
10 瑞原はやり
15 東横桃子
15 臼沢塞
17 大星淡
18 清水谷竜華
19 真屋由暉子
19 松実玄
19 エイスリン=ウィッシュアート
22 宮永咲


とりあえず咲さんまで・・・

キャラ数が多過ぎて発狂しそうになりました
タイが多いのは横着ではなく愛ゆえなので(言い訳)


感想:Bブロック丸潰れだよ!!!!
どうしてこうなった。

有珠山勢は二人。 ちかちゃん大健闘。

おもち枠はすくなめなのかもしれませんね。まあ私は小さい方が・・・

後から見返すと憧の順位が若干高いかも・・・
やってるうちに頭が混乱してくるから多少思っているのと違う結果になってもキニシナイ

そうですね、えりさん(29位)が憧と入れ替わりでも良いかもしれません。


コメント返しはまた後日。並びにキャラソートの結果を貼って下さった方に感謝。

08/01:ひっそりと誤字修正
スポンサーサイト

波乗り。

最近色々と記事の更新を阻害されているような気がします。
いつの間にか日が変わっていたりとか。

そのせいでアクセス数のカウンターのグラフに良い波来てます。 サーフィン日和ですよ本当に
(やったことないけど)

泳ぐのは好きです。時間があれば海に出かけたいですね。車で5分もあれば行けますけど。

しかし私が海をそんなに好きじゃないのが・・・w 都会の方や山地の方にはわからないと思いますが
正直ここまで海が身近だと魅力なんてものは無くて、むしろ渓流なんかに憧れてしまうんですよね。

(それに塩水は辛いですしベタベタするので・・・)


以下しばらく前のコメント含むコメント返し

>他には衣が花鳥風月を和了ってますね~

場面があまり思い出せませんが、和了したローカル役はこれで全部ですかね。

もっと細かいところも見て行けば、咲が地方決勝で最後に和了った数え役満の中にも
三連刻・・・ じゃなくてこれ四連刻ですね・・・ ヤバイ。魔王ヤバイ。


>あの主人公が有珠山関係者・・・?

それなら有珠山初登場の回で何かアナウンスがあっても良い気がします。
やはりここは大阪の関係者(もしくは本当に赤坂さんかも)だと予想します。


>そしてなぜか付き添う戒能プロ。
 アイドル雀士は本質的には霧島神宮が一般公募からスカウトした神降ろし母体なのでは?

競技麻雀団体の裏に神社が・・・!? 戒能プロはダブルスパイなのかも(何のだ


>ふと思ったのですがはやりんと赤坂さんは同窓生か先輩後輩なのでないのでないのでしょうか
 伝手もなしに練習相手に戒能プロを呼べるとわ思えなないし最初ははやりんにたのんだけれど
 都合が悪くて代わりに友人?のよしりんをよんだのでわないかと


なるほど・・・ しかしそういうことならはやりんのところを戒能プロに置き換えても
違和感はそこまでありませんし・・・ 問題は赤坂さんの年齢ですかね~


>個人的には無駄に顔の広そうないくのんの過去が来てくれないかなと少し期待しています
 強豪姫松の監督代行に就けるあたり結構有名だったりするのかなあと思ったり、
 最近非常に気になりだしている一人ですので

 しかしすこやん等プロの能力、打ち筋やこのプロきついになるに至った過程等が見れるだけでも十分ですし、
 アマ→プロになる仕組み等プロ関係も言及されるのかなとかいろんな期待も尽きませんし今から待ち遠しいです


赤阪さん人気ですね・・・ 逆に善野さんとかが出てきてもおかしくはないかも?
さすがに雅枝さんはww 多分あの人はガチのアラフォー(もしくはもうちょい上)なので・・・

プロがどれくらいの強さなのか、というのは非常に気になりますね。
カツ丼さんは衣、治水透華に対して敗北しているので・・・(それでも初期の咲・和に同時に勝つ程強いですが)

とにもかくにも9月25日でしたっけ? そこそこ長いですね・・・

縦割り社会なのか

縦割れ社会なのか

下ネタはいいんです、が ここ2日間(ほぼ3日ですけど)、何かすごく忙しくて
全く更新することができませんでした。 まあ私のブログを毎日覗いてくれている方なんて
そうそういらっしゃらないとは思いますけど・・・


大体はこの間の続きなのですが、野依プロが新道寺OGだということで
始めてインハイ出場校のOGプロが出てきた形になったはず、なのですが

これで何かまた絡みが増えるといいですね。 勝手な妄想ですが、野依プロは地元愛が強そうな感じですし
哩さん達にも、インハイ出場が決まった際には何か激励を送ったのかもしれません(文面ならマトモなはずですし)

後は所属チームが明らかになればさらに考えようもあるのかもしれません。


それから、彼女達(アラサー組)はプロに入る前からかなり親交があったのかもしれませんね。
特にレジェンドを除く3人は、もしかしたら何かの選抜チームに選ばれていて、一夜二夜共にしたのかも・・・

レジェンドは1年生の時に例の事件があったようなので、可能性は薄そうではありますね。

その逆も然りといいますか、すこやんは少なくとも3年間エースを張っていたっぽいので
3年連続で選抜に選ばれていてもおかしくないという化け物っぷり。

ということは はやりんや野依さんも魔物だったのでしょうね・・・


恐ろしい世代だなあ

【新作バレ含】こっちは大体・・・

この記事の第一予想といいますか、ありがちな予想が当たりましたね。
(といっても若干はずしちゃってるかも)

有珠山に関してはサッパリでしたがw

ちなみにスピンオフの新作の話です、一応。


とりあえずはプロの過去編、それもレジェンドやすこやんの高校時代、ということで
大体オッケーなんでしょうかね。

しかし良子さんが出てるってことは全プロそれぞれやる可能性も・・・?

だとすると咏さんははやりメールが理解できずに憤死という事になるんですが大丈夫なんですかね

いや、必ず怪文を解いてあそこに現れるはず、そうであってほしい。
でも、先輩に対して丁寧語でしゃべる咏さんとかちょーみたいよー ってのが1番ですが。

・・・少し話が逸れました


今度は野依プロに関してなのですが、おそらく彼女もアラフォーアラサーという事実にびっくり。
それから、彼女は新道寺OGみたいですね、というか確定っぽいです?(もうダブル☆オドロキ みたいな)

いまだに現インハイ登場校のOGプロが出ていないような気がしたので(レジェンドは別としても)
これは素直にうれしいですね。


以下適当な感想

ひっそりと押される公式はやしこに胸躍りながらも、咏さんが居ない状況に不安を感じる内容でしたね
牛と化したすこやんが凄く可愛かった(小並感)

主人公は見開きで背中を向けて仁王立ちしてる娘になるのでしょうか?
そろそろ大阪出身のプロとか出してもいいんじゃないですかね(本当は広島出身が見たいけど)

2013 07 24 G8-4C 【案の定】

まさに予定調和というべき試合でしたね! いやあ素晴らしい

東京ドームって一体どうなっているのでしょう? 赤色が吸収される構造にでもなっているのでしょうか?(笑
ここでやっている野球が本当につまらない。たとえ負け試合でも、放送していれば必ず見ている自分でも
苦行に感じるレベルで見れない。 

初回先制まではまだ「今日は接戦を落としてリリーフに負けが付くんだろうなあ」と
それくらいしか思わなかったんですが、長野のスリーランが出た時点で、「ああ、今日も大差なんだな」
というのを感じとりました。 唯一予想外だった小窪のツーランも当然空砲に終わり、
ふたを開けてみればいつも通りの 巨人戦in東京ドーム のスコアに。


今日に関してはあまり試合を見ていないので細かいところに切り込めないのですが、

バリントンの制球とキレがイマイチだったのでしょうか。
長野へのスリーボール先行は、一発と鈍足ランナー二人に気を取られ過ぎましたかね。
しかしその結果が一発なのですから、やはり初球は甘くてもストライクを入れていくべきだと思います。


両軍合わせて6本ですか・・・ まあ球場の広さは様々で、それがまた魅力でもありますから
ケチをつけてはいけませんね。 広くても狭くても、フェンスが高くても状況は全く変わりますしね


明日はマエケンなので、せめて引き分けくらいにはしてほしいかな、なんて

イメージで語る記事

いつの間に海の日が過ぎていたんでしょう? カレンダーを見てみると1週間以上も前なのですが
その時何をしていたのか、全く思い出せません。

ここ最近の記憶も曖昧ですし、やっぱりちょっと安息が必要なのかもしれませんね。暇人ですけど。


今日の記事は100%妄想なので、たとえどこかで同じイメージの設定を見たとしても、多分無関係です(笑)
むしろビシバシとこの設定を使ってSSとか作ってほしいなーとか思ったり。

ようやく本題ですが・・・ 今回は咏さんについてなのですが、彼女は高校時代、所謂「魔物」と言われる
区分のプレイヤーではなく、どちらかというと叩き上げ的な選手だったんじゃないかと思います。

若手ながらトッププロとして活躍はしていますが、ブランクや突然の覚醒と言った物を経ず
小学生や中学生時代からずっと毎日努力を積み重ねて今に至ってるんじゃないかなーと
若干ながら感じたような感じないような・・・解説を聞いている限りでは間違いなく天才型なんですけどねw

で、こちらは少し関係ない話なのですが、周囲の関係でいうとアナウンサーや他のプロですが
はやりんやすこやんと言ったそこまで歳の離れていないプロに対しては、尊敬はしているものの
憧れとかは薄かったのかもしれません。

これもまた勝手な想像なのですが、咏さんが幼い頃にすこやんよりも前の世代のプロに憧れて
麻雀を始めた、とか 本気で打ち始めた とか まあ多分その選手を出そうと思ったら
真のアラフォーが登場してしまいそうですけど(笑)


アナウンサーとはおそらく大人になってからの初対面だとは思いますが、
えりさんがかなり麻雀に関して熱そうなので、もしかしたら元選手で(この辺は結構言われていますが)
咏さん達と対戦したこともあるのかも・・・?(直接ではないにしろ)
(それから多分咏さんは相手の顏や名前を殆ど覚えてそう、なんとなく。)

麻雀は実況するにも相当に知識が要りますし、実力が無ければ解説を理解できませんから、
ある程度の経験を持った方が放送局から配置されてもおかしくないはずですしね。


やっぱり咏えりルートは最高なんだなと思いました(自給自足
咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。