スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月も終わりですね。

そういえば梅雨明けって結局どうなったんでしょうか?
このところ雨がよく降っているような気がするんですが・・・

6月もあっという間でしたね。開設から早4か月経過、総来場者も27000人と本当にたくさん来ていただいて恐縮です。


さて、今日はさきすぺ6が大阪の方で行われましたが、参加された方、お疲れ様でした。
中々大勢で集まれる機会というのはありませんから、さぞ盛り上がったことでしょう。

次回開催があればなんとか参加を検討したいと思います。

7月の目標は・・・特にありません! 様々なカテゴリで細々と毎日更新できたらいいなと思います。


さっそく先程F1イギリスGPが終わりましたが、波乱がいくつか・・・
その内また色々とネタにします。 それでは今日はこの辺で。 繰り返しますが、さきすぺお疲れ様でした。
スポンサーサイト

大阪行き断念

残念ながら、予定・予算の都合が付きませんでした(案の定)
いや、外に出る服が無いだけですから・・・


でも即売会って行ったことないんですよね。中々そこまで行動力が無いというか、懐が温かくないというか。

まあ、行ったとしてあまり知り合いの咲クラの方も居ませんし、友人を誘うにも無理がある日程ではありますよね。

明日・・・いや 明後日は戦利品等の記事を更新される方もいらっしゃるかもしれませんから
「いいなあ羨ましいなあ」と気持ち悪すぎる眼差しで読ませてもらおうかなと思います。


ちなみにオフ会自体は何度か経験ありまして、しかしそれでも人見知りですから、心抉られるんじゃないかとか
まあ色々とコミュニケーション能力に問題があるという事でしょう

咲クラの皆さんは私と違ってイケメンや美少女ばかりなんだろうなあ(勝手な妄想



そして少し話は変わりますが、国士無双を槍槓で和了しました。
9pの加槓に対して和了。暗槓なら尚よかったのですが。まあ槍槓そのものはサンマだと割と出ます。
しかし役としてではなく、大部分は抜きドラの北に対してですけどね。
(その場合は1翻縛りをクリアできないので何かしら役が必要ですが)

ここから流れを変えていきたいです。 頑張って2段、3段まで行ければ良いなと思いますね。

2013 06 29 T4×-3C 【最下位はまだ?】

下に2枚壁があるとは驚きを禁じ得ない。
今日のような野球が出来るのは最下位のチームだけ!でも4位!

まるで勝つ気が感じられない。 強気と無謀は全くの別物。

會澤のリードはどうなってるんですか? 素人が見ても危ない配球ってイカれてるんじゃないですか?
一番酷いと思ったのは5回の西岡への配球。

あれはないでしょう。低めに意識が行っていて、カウント1-2で1球遊びがある中で
ファールにした同じ球を要求するんですから、もう呆れて言葉が出ません。
高めの釣り球を要求するんじゃないかなと誰もが考える場面で、ですよ。

今日はここだけです。 エルドレッドの挟殺プレーの判断もそれほど間違っていたとは思いませんし。
目先の1点にこだわり過ぎた感もありましたが、今はそれでいいと思います。

先を見据えた野球で勝てるのは上位のチーム、勝ちを知っているチームだけです。

監督自ら勝ち方を知らないと公言しましたから(厳密には違いますけど)、こういう野球をやるのは当然です。

しかし今日は監督にあまり仕事はありませんでしたね。 大竹の降板もしょうがないでしょう。
代打廣瀬はあえなく凡退でしたが。 ここで一発が出るようならそもそもここまで負けませんよ

最後打たれたボールは、解説の方が言っていた「大和がこれしか待っていない」という球でしたね。
内角高めを要求する石原の強気のリードがただ単に無謀な挑戦と化してしまったわけですね。

まあ確かに構えたコースより甘かったですが・・・
久本も調子が悪そうでしたから、あまり内角に投げようとすると当ててしまったりパスボールになってしまったり
そういう可能性も考えたのでしょうか? それなら外目に甘く入る方がダメージは少ないんじゃないでしょうか?

負けているチームにこそ余裕と言うものが必要なのではないしょうか?
戦力的、順位的には負けて元々なんですから。勝ったら勝ったで思い切りはしゃげばいいじゃないですか。

それとも昨日ノムケンが一人で激昂して選手にプレッシャーをかけまくる喝でも入れたんですかね?(笑
選手もそろそろモチベーションが無くなってくる頃でしょう。

まあ明日負ければ完全に今シーズンは終了とみていいでしょう。(すでに半分終わってますが)
マエケンは調子自体は不明ですが、タレント的には勝たないといけない試合ですから。

流れは最悪です。 しかし打線は上向き気味だと感じていますから、あとはリードとピッチャー心理ですかね。
采配は継投を除けば最悪というほどではないので(継投関連で守備を弄ったりそういった副作用が出る訳ですし)


2日連続で(というよりこのカテゴリの記事全部ですが)愚痴っぽい記事になって申し訳ありませんでした。

今日逆に良かったところを最後に挙げるとするならば、ルイスの打撃、上野の2イニング、
それから菊池の守備ですかね。 悪くないと思います。 大竹も良く投げましたね。

2013 06 28 T7-4C 【よし、今日は負けるか!的な】

まあここまで見てきた方はもう堪忍袋の尾だとか、折れる心も、湧き上がる怒りを感じる頭も
なくなっているかもしれませんが、毎度毎度怒っていたらキリがないですからね。

一部のバカ共が八百長だの犬だのとほざいていますが、ただ単に戦力として整っていないだけでしょう。
守備の面を含めて。 DRS(守備防御点)などの数値は中々手に入りませんけど、
明らかに失策が多過ぎます。それも重要な場面で。 あまり素人が突っ込みたくないところではありますけど
やはり勝てない事でメンタルに異常をきたしている選手も何人か居るんじゃないかな、なんて思ってしまいますね。

当然そういった事になれば、余計勝てなくなり、負の連鎖が起こりがちです。
やはりこういった事で自分でもわからない不安を取り除いてくれるスタッフが居ると心強いでしょうね。
一応メンタルコーチは存在しているはずなのですが、おそらくその方もこの暗黒に飲まれてしまったのかと・・・

まあ簡単に切り替えていくと言っても、勝つまでは中々そういった物が払拭できない物なので
なんとしてもまず1つ勝たなければならないというのが高すぎるハードルになってしまっている状況ですね。

しかし! しかしですよ、今日はどうでしょうか?
厳しい敗戦が続いた中で、ようやく手にした昨日の勝利。 本来ならここで流れが切り替わるところでしょう。

そして良い雰囲気のまま甲子園に乗り込み、久々の1軍登板となる武内が好投。
打線も悪いながら先制点をもたらしました。
「やっぱり流れ変わってるな」と確信したファンもかなり居たと思います。

赤ヘル戦士()たちは簡単にそれを裏切ってくれますよね。凄いです。さすがです。
交流戦で終息したかと思われた、失策乱発の草野球。ここにきて完全復活と言ったところでしょうか。
東京ドームでの例の1戦を彷彿とさせる、思い出したくない試合の一つになってしまいました。

そして中継ぎの起用も再び失策と言ったところでしょうか。
先日苦しみながら左にも投げ切り8回を抑えた今井を、まさかあそこでスイッチするなんて
にわかには信じがたい采配と言えます。それに、河内はこのところ不調で、結果的には再び左打者に四球。

おそらく勘の良い方、もしくはネガティブ思考まっしぐらの方は、ここで敗戦を確信したでしょうね。

先日と同じパターンでミコライオが登板。 巨人戦と違ったのはここからエラーが乱れ飛ぶという事。

併殺性の当たりを、まさか1死も取れない当たりにするとは、流石にありえないです。
あの試合以来影をひそめていた松山の拙守ですが、ここで再発するとは・・・
安部、それから違う回ではありますが堂林も・・・ 
技術不足とイップス的な何かが両方作用しているのではないでしょうか?

それから、これは完全に結果論ですが、マートンと勝負する意味は本当にあったんでしょうか?
確かに次の新井は怖いバッターで一発もあります。 しかし、1打逆転の場面であるならば、
どちらか可能性の低い打者との勝負を選ぶのがセオリーではないのでしょうか。
(今月の打率(きのうまで):マートン.320 新井貴.229)

ミコライオも、完璧なピッチングができる投手ではないと自分でもわかっているはずですから、
敬遠に対して不満を爆発させたりはしないと思いますし。

とにかく、これが焦りなのか、はたまた考えられないだけなのか、わかりかねます。だってノムケンだし


冷静に考えると、八百長という発想もアリなのかな、なんて事まで浮かんで来ますね(笑)

予約に出遅れた組。

それどころか予約できないという詰みっぷり。これってもしかして負け組?

当然ながら咲-Saki-阿知賀編 Portable限定版の話なのですが
あれよあれよと言う間にAmazon様(田舎民唯一の頼みの綱)は在庫切れを起こしたようで

完全に注文のタイミングを逃してしまいました。しかし私自身あまり予約というのが好きではなく
これまで一度も予約購入と言うものをしたことがありません故、まあ致し方ないですかね。

どうにか発売後に定価で手に入れば良いのですが、あまり高騰するようなら見送り(もしくは通常版の購入)も
検討せざるを得ないでしょうね・・・ 
Amazonの在庫が復活するという希薄過ぎる可能性に賭けるのも悪くないですが。

あまり安い買い物にはならなそうなので、若干神経質にもなりますが
定価以上でも「安かった」と思うクオリティを期待できる感じなのが救いでしょうか?

OPは橋本さんらしいですし。とにかくまずは時が流れるのを待つしかないですね。

(そういえば、かなり前の記事で触れたような触れなかったような事なのですが、橋本みゆきさんの10周年記念ベストアルバムが発売されましたね。Glossy:MMM等も再レコーディングで収録されているらしいので、余裕のある方は是非。) ちなみに私は来月末頃までに発売される漫画等と一緒にまとめて注文する予定です。遠い!


以下久々のコメント返し。コメントだけでなく、相互リンク等も常に募集中なので、お気軽にどうぞ。

>一巡先を見るというより、セーブポイントからやり直しというイメージでいます。
 あがれるからリーチするけれど、他家も鳴いてくるという感じです。

割と前の方の記事にまたコメントを頂きました。ありがとうございます。

うーむなるほど。未来予知と言っても、やはりある程度自由の利かない面もありますよね。
怜は使いこなしているようですが、↑のゲームでどんなシステムになっているのかが気になりますね。

>彼女が次鋒にいるのは大きいですね。不安定な漫ちゃんのサポートにもなりますから。
 おそらく姫松3番手。この子がうまく稼いで洋榎ちゃんに繋いでいるのでしょう。
 今回はプラスで繋ぎました。果たしてどうなるでしょうか!?


そう考えると、姫松は安定していて堅実なプレーヤー3人(+ソツの無い絹ちゃん)が固まっていて
非常に安心感のあるオーダーと言えますね。
のよーさんは、流れを復活させる役割と、流れを維持する役割の両方を担えるのが強みなのでしょうか。
まあ、今回の次鋒戦が終わってみない事には言い切れませんが。

>>少しだけ毒も吐きそうな雰囲気なのもツボです
 その上彼氏がいて勉強もできるなんて感じですね
 イメージとしてはアニメ化の声は豊崎愛生かと


言われてみれば確かに、この世界でもっともあり得無さそうな彼氏持ち、っぽい雰囲気はありますね。
末漫、姉妹の2ルートが成立すると孤立、末洋ルートでも漫ちゃんや絹ちゃんと絡められずに孤立・・・
でもきっと大団円の「姫松ルート」という5人ENDが救ってくれます。赤阪さんは別として。

豊崎さんは確かにイメージ通りではありますね。まあ声優さんに関しては以前から何度か書いたように
そこまで詳しくないので、自分が名前を聞いたことのある方しかイメージできないのですが。

それからやっぱり、彼氏は無いと思います(突然の手のひら返し)

2013 06 27 C3-2G 【この野球って何?】

交流戦開けの2カードで、2勝3敗。何か思ってたのと違う。この違和感はなんだろう?

負けた試合と勝った試合を比べると、逆に負けた試合の方がイメージに合う広島野球って言うのをやっているような
気がしないでもないんですが (そして負けるっていうのも広島らしいって言うのはNG)


負けた3試合のスコアは Ys3-0C G6-4C G5-0C とまあ多種多様と言いますかワンパターンと言いますか。

詳細としては まずヤクルト戦。 新人小川の前にランナーを出せず初完封献上。3点はバレンティンのスリーラン。
石原のリードと大竹の制球が非常にうまい具合にマズくなりましたね。局地的に。ゲリラリードってなんすか。

そして勝利と月曜日を挟んで火曜日。 
なんとここまで超苦手にしていた菅野から、以前手首を破壊されたエルドレッドが先制タイムリー。
そして次の回にはエラー絡みで2点。そして3点リードで迎えた6回表。ランナー1・2塁からダブルスチールで
阿部を敬遠せず勝負。 結果は当然の如くタイムリー。2点を返され1点差。
しかし裏に安部の1号ソロで追撃。 これで誰もが或る程度試合の決着を予感したでしょう。

ところがすんなり勝たせてくれないのが我らが今村。あっさり2・3塁を作ると、阿部を迎えたところで降板。
河内を投入して阿部を抑えるも、小笠原にまさかの四球。ここで流れが大きく変わってしまいましたね。

あえなくミコライオを投入すると、代打矢野にセンターへはじき返され同点。そして今日2回目の重盗を決められ
絶賛冷凍中と話題の村田。 振り遅れ気味ながら一塁線を抜かれ2点ビハインドへ。

当然この後巨人の勝ちパターンを打てず敗戦。 心を深くえぐられる負けとなってしました、

そして昨日。中崎が案の定炎上すると、相手の投手リレーの前になんと28人の攻撃で終了。
ちなみにこの日ノーヒットノーラン寸前までやられたオリックスが打者29人だったらしいので、あまりに驚異的です。


とまあなんとも「らしい」敗戦を3つ経験。 しかし勝った試合というのが
逆転サヨナラホームラン&決勝点がホームラン という「らしくない」勝ち。

まあ、こういう野球も良いですね。勝ちは勝ちですから。 今日の勝利で一番重要なのは
バリントンが4月10日ぶりの白星を挙げたという事です。ほぼローテ守って2か月半白星無しって
ほんとに異常ですよ。去年のクリフ・リーを思い出しました。

とにかく今日勝てたのは凄く大きいと思います。 明日の先発は武内ですが、5月の前回登板は悪くなかったので
何とかイニング稼いでほしいですね。後はやはり打線でしょうか。ルイスがこのところ漸く打ち始めたので
クリーンナップが打てれば、可能性はあると思います(フラグ

シーズンはあと半分残ってますから、何とかここから借金を返済してほしいですね。
咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。