スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【大相撲名古屋場所】いよいよ千秋楽

お久しぶりでございます
7月頭で言ってたことを何一つすることができませんでした
懺悔? 特に忙しかったわけではないのですが・・・。

さて、多分このブログに来ていただいている方はあまり興味の無い話題かもしれませんが
いよいよ本日大荒れ名古屋場所の千秋楽です。

今場所私が期待していた遠藤、大砂嵐は昨日勝ってようやく7勝7敗。
遠藤はちょっとだけ期待外れかなと言う感じですね。
上位との対戦が無くなる番付でしたから、上手くいけば二桁狙えるんじゃないかと思っていました。
ところがふたを開けてみれば周辺の番付の力士が非常に好調だったこともあり、
本日千秋楽に天国と地獄、まさにその境目の星取りで土俵へ向かいます。

そして大砂嵐。明らかな取りこぼしという相撲も一番二番とありましたが、金星二つを含む7勝は
上位初挑戦としては出来過ぎなくらいではないでしょうか。
本日勝ち越しを決めれば、初の三賞となる殊勲賞が授与されるでしょう。

まあこの二人はさておきですね
今場所私の予想から大きくかけ離れた成績を残している力士が琴奨菊です。
悲惨な先場所からは考えられないほど状態が回復し、それどころかこれまでで一番良いんじゃないかと言うくらい
勢いの良い出足がありました。
ただ、どうしても大関昇進前のキレというか、迫力というか、そういった物が戻っていない気がするんですよね。
それでも先日は同じく好調の高安を危なげなく退けて2敗を守り、白鵬と並んで星取りトップタイに付けています
本割ではもう対戦がありませんから、勝って白鵬の結果を待ちたいところですね。

そして今日その琴奨菊が対戦するのが、今場所白鵬と鶴竜に土を付けた豪栄道。
こちらもあまり芳しくない先場所からの流れでしたが、落ち着いた相撲が戻り大きく星を伸ばしています。
特に今場所白鵬を破った相撲は完璧を言っていい内容で、大関の器としては十分の風格が出てきましたね。
調子の波が少し荒い力士ではありますが、翌2場所にわたって同じような活躍が出来れば
十分大関昇進というのもあり得るでしょう。
流石に今日琴奨菊を倒して12勝としても、先場所の8勝があまりに評価を下げ過ぎていて
場所後昇進という話は出ないとは思いますが。
(加えて本日白星でも直近3場所で12-8-12で32勝なのでいずれにしても厳しいですが)

優勝の可能性が残っているのは、白鵬、琴奨菊の2敗勢、豪栄道、高安の3敗勢です。
その内琴奨菊と豪栄道が前述の通り本日対戦、高安は平幕の豪風、白鵬は結びで日馬富士との横綱対決。
高安はともかく、豪栄道と白鵬が本割で勝って白鵬の優勝決定というのはちょっと味気ないかなと思いますから
個人的には琴奨菊と白鵬の優勝決定戦もしくは日馬富士が白鵬を倒してさあどうかというところまでを
期待したいです。
(欲を言えば4人でのトーナメント戦とかが見たいわけですが、もはや天文学的確率じゃないかと?)

稀勢の里は平幕相手に取りこぼし5敗。期待に応える事が出来ませんでした
それでも今日は鶴竜相手に善戦を期待したいです。なんとか二桁勝っておきたいと思っているでしょうしね。


今場所その他注目力士でいえば十両の逸ノ城やその先輩照の富士等の新生モンゴル勢や、
千代大龍、千代鳳・千代丸兄弟等の九重部屋軍団。
千代鳳は少し不調でしたが、他の力士はほぼ全員が好調で、来場所更なる期待を持てますね。


最後に少し話の方向が変わりますが、今場所は土俵がかなり滑るんじゃないかと言う話題が
各所で見られました。 確かに取り組みを見ていると、踏ん張りが悪いかなと言う感じの取り組みも多かったですね。
滑りやすいと怪我に繋がりますから(実際数人が今場所も大けがしていますし)
土俵もある程度規格といいますか、素材を統一した方が良いんじゃないかと思いますね。

まあテニスのサーフェスのようなものなのかもしれませんが、
彼らとは競技もケガの重症化というところも違いますからね。
スポンサーサイト

大相撲春場所千秋楽

1日遅れになってしまいましたが、今年の春場所、色々とまとめて行きたいと思います。

今場所私が注目した4人の力士 大砂嵐・遠藤・鶴竜 それから豪栄道

大砂嵐は序盤の7連勝が印象的でしたね。しかしその後は怪我で2日の休場を挟んで再出場。
結果的には千秋楽で勝ち越して8勝6敗1休という、序盤の勢いからは物足りない成績に。

両小結、そして前頭の上位が軒並み負け越してはいるものの、ちょうど大砂嵐の上の番付数枚の力士が好調で
来場所はまた番付中位に留まり、役力士との総当たりは見られそうにないですね。

そして遠藤。 初めて役力士との総当たりの番付に昇進した力士の成績としては、
及第点よりちょっと上と言ったところではないでしょうか。今場所は課題がより明らかになった場所だと思います。
立ち合いの圧力さえつけば、上位で十分戦える強さを秘めているのは間違いないでしょう。

おそらく来場所の番付は西の4枚目、もしくは東の5枚目と言ったところでしょうか。
(もしかしたら2枚目・3枚目に踏みとどまり、再び上位総当たりの可能性もありますけどね)


・・・ 鶴竜より先に豪栄道についていくつか。

中日くらいまでは、正直今場所もいつもの豪栄道なんじゃないかと思っていました。
これはもう本当に私の見る目が無かったと、反省しきりでございます

終わってみれば12勝3敗。両横綱と並んで優勝次点ですよ。素晴らしいです。
序盤は確かに不安定な相撲が続きましたが、終盤にかけて「うまさ」を存分に出した取組みが増えましたね。
このまま力をつければ、「怪我の少ない栃東」になれるんじゃないかと思います

気が早いのですが、おそらく来場所13勝すれば大関昇進の可能性もありますね。


そしてなんといっても今場所は鶴竜の場所でしたね。
おそらく横綱昇進は間違いないでしょう。

12日目に日馬富士、13日目に稀勢の里、14日目に白鵬を危なげなく破り、千秋楽は不気味な琴奨菊を
きっちりと倒して14勝1敗 これはもう凄いとしか言いようがありません

鶴竜は、強いて言うなら「白鵬と日馬富士の中間」といった感じですね。

そして一番の強みは「相撲勘」
自分の体制に持ち込む能力は白鵬にも全く引けを取らないくらいに成長していると思います


前の記事で遠藤、そして上で豪栄道についても色々と触れましたが、
今回私が選んだ大砂嵐以外の3人は、全員「技術先行型」と言う感じなのでしょうか。(よくわかりませんが

技術を生かせる力とスピードを鍛えることによって、更に強さを増すタイプですね。
まあ、その真逆が大砂嵐ですが(笑)

まず鶴竜が一抜け。豪栄道と遠藤はそれに続けるでしょうか。

来場所は「パワー」や「スピード」が猛威を振るう場所になるかもしれません。
白鵬を筆頭に、千代鳳・千代丸、大砂嵐のパワー、そして日馬富士や嘉風と言った速さのある相撲。
3人がそれを掻い潜って成績を残せるかは、稽古の量次第でしょうね。

大相撲春場所12日目

まず・・・

琴欧洲関、本当にお疲れ様でした。朝青龍時代がメインの私からすると
最も強く、魅力的な力士の一人でした。 水色の締め込みをしていた頃の映像を見ると涙が出そうになりました。

おそらく膝の怪我が最初から最後まで悪循環を引き起こしていたのでしょう・・・
この怪我さえなければというのはありきたりなたらればですが、もしかしたら横綱に、というのはありましたね。

今後は親方として後進の指導に当たるという事らしいので、少し寂しくなった佐渡ヶ獄部屋を盛り上げてほしいですね。
(なにしろ4年間で二人の大関が姿を消したわけですからね。)



さて、ようやく本題の本場所情報。

私が記事更新をさぼっている間に色々と動きがありましたね。

大砂嵐が8日目に遠藤に敗北。 そしてそこで足を痛めて翌々日から休場→本日再出場(しかし黒星)
右太ももの筋肉を痛めたようで、ただでさえ脆い下半身をどれだけ上体でカバーできるかが
残り3日間の勝敗を左右するのではないでしょうか。

そして遠藤。4連敗のあと4連勝、そしてその後また2連敗。しかし昨日今日と勝って再び五分に戻しました。
結局、敗れたのは横綱大関、そしてある程度好調な両関脇。その中で両小結、稀勢の里にも勝っているのですから
今場所は出来過ぎと言っても良いでしょう。

特に今日。松鳳山との一番はまさに「技」。
言葉で説明するのは中々難しいのですが、相手が対策してきている中で、
自分の得意な形になるまでしぶとい足捌きで我慢し、一瞬の隙をついて得意の前三つを取って出ました。

圧力こそまだまだという印象は受けますが、足運びや回しの取り方・切り方は素晴らしいですね。
立ち合いで相手を押し込めるような圧力が付けば、楽に勝てるような相撲が取れるのではないでしょうか。


そして鶴竜。今日は日馬富士を倒して1敗を守りました。
日馬富士を越えるスピードで立ち、右から動かして一気に送り出し。
おそらく日馬富士は成す術なかったんじゃないかと思います。

というのも、日馬富士は軽量で、立ち合いのスピードが最も重要な所で、
それを上回られたのですから、今日は完敗、という事になりますね

それから、取組後に右ひじを気にしているようなしぐさがありましたが、やはりまだ万全ではないのでしょう。


優勝争いは白鵬が星ひとつのリードになり、ますます確定ムードが漂ってきましたね。
しかし、まだ残り3日間で鶴竜・日馬富士との対戦も当然ありますから、まだまだ分かりません。

まあさすがにこの3人の優勝決定巴戦が千秋楽にあるとは思えませんが(笑)


明日(書いている内に日が変わってしまいましたが)は13日目。
大砂嵐はくせ者安美錦。遠藤は平成生まれ三役1番乗りも経験した高安と組まれました。
そして見どころは何と言っても結び前3番目、鶴竜-稀勢の里。
相性の悪い稀勢の里に対してどのような相撲を見せるのか。そして稀勢の里は意地を見せられるか。

結局今場所も最後まできっちり楽しんでしまいました。 中毒者ですね

大相撲春場所5日目

序盤が終わったので少しだけ振り返って行きます。

まず大砂嵐。どうやら怪我は大丈夫だったようで、今日まで唯一平幕で勝ちっぱなし。
ぜひ二桁まで伸ばして、上位と総当たり出来る番付まで上げてほしいですね。
今場所中に終盤上位陣と組まれる可能性もありますけど。

続いて遠藤。4日目までは上位の壁にぶち当たりましたが、今日は稀勢の里を下して初日が出ました。
組むことに拘らず、突っ張って行ったのが功を奏しましたね。
しかしそれよりも、稀勢の里は相変わらず腰高で落ち着きがありませんでしたね。焦り過ぎです。


そして3日目に土のついた鶴竜ですが、4日目5日目と立て直してきました。調子自体は悪くないようなので
ここからおそらく14日目に組まれるであろう白鵬戦まで星を落とさず行ってもらいたいものです。


白鵬、日馬富士はどちらも危なげなし。特に白鵬は5日連続で厳しすぎる程厳しい相撲で勝っていますね。
日馬富士は、今日の相撲が非常に良かったと思います。これまでで一番の内容だったのではないでしょうか。

明日の6日目以降からの見どころは、
・大砂嵐の連勝がどこまで続くか
・今場所最後の横綱大関戦を白星で終えた遠藤が関脇以下の力士に対してどこまで勝てるか
とりあえずはこの二つでしょう。

他にも鶴竜の綱取り等も引き続き注目していくべきところではあるでしょうね。
豪栄道は悪い癖が出て今日初黒星。やはり本命候補とはいきませんでしたね。


以降、ではなく明日の取組に限定して言うならば、結びの一番、関脇栃煌山 対 横綱日馬富士ですね。
日馬富士が苦手の栃煌山に対して、今日のような厳しい相撲が取れるかどうか、
挑戦する栃煌山は、胸を合わせて行けるかどうかがカギになりますね。

栃煌山はもろ手突きよりも、頭で当たっていく方が効果的だと思います。
日馬富士は喉輪で起こしてくる可能性が高いので、その点にも注目すると面白いと思います。

大相撲春場所2日目

久々に相撲の記事でも。
初日と2日目が終わりました。

幕内下位では大砂嵐、上位では遠藤といった力士が注目を集めていますね。
当然、綱取りのかかる鶴竜はその1番手と言っていいでしょう。

まずその3人の結果と感想を。

大砂嵐。 初日2日目と強引な相撲ではありますが連勝スタート。
白星とはいえ、取組後に足を気にするそぶりがあるのが非常に気になります。
身体も硬いようですし、怪我のリスクは高いでしょうね。強引な相撲ではなく、
「力強い」相撲に切り替えていく必要があると思いますね。

そして遠藤。 初日は綱取りの鶴竜との対戦。鶴竜が精彩を欠く一方、遠藤は持ち前のセンスで立ち回り、
あわや勝利というところまで持ち込みました。 しかし一歩及ばず黒星スタート。
今日も日馬富士に破れ2連敗。一度は持ちこたえましたがそれだけではまだまだ勝つのは難しいでしょう。

ただ、どちらの取組みももう一押しがあれば逆に勝てている内容なんですよね。
そこはやはり遠藤恐るべし、というべきでしょうか。明日は2日連続となる結びで白鵬戦、前半の正念場ですね。

鶴竜は少し硬くなっているんでしょうか。初日も遠藤にあわやというところまで追い詰められ、
今日もかなりじたばたしていましたね。鶴竜のイメージとはかけ離れた相撲を取っているような気がします。
しかし結果的には2連勝ですから、連勝して、それが逆に緊張をほぐしてくれるといいのですが・・・

実力はありますから、やはりあとはメンタル面なのでしょうね。稀勢の里を見ていれば大体そんなところかなと

その稀勢の里も、攻め込まれながらも力で押し止める強引な相撲が目立ちますが2連勝。
さらなる怪我がなければカド番脱出は確実でしょう。波に乗れれば優勝争いも見えてくるかと思います。


当然、その障害になるのが両横綱。先場所休場の日馬富士はまだ万全とは程遠い状態のようですから、
やはり今場所も白鵬がぶっちぎりで優勝候補ですね。

明日、とてもじゃないですが遠藤が勝つという予想はし辛いです。
しかし! もし遠藤が勝つようなことがあれば、今場所の流れは大きく変わる可能性もありますね。

遠藤は3日目までで横綱、そして綱取りの鶴竜との対戦が終わりますから、
不調の稀勢の里、琴奨菊に勝てれば勝ち越し、新三役も見えます。 気が早いですが。


それから、豪栄道がご当地場所としてかなり気合が入っているようなので、ダークホースとしてではなく、
本命の一人として応援してもいいんじゃないかと思います。ただ、決めきれない相撲が多いのは治りません

自分の形を持つ力士でないと、大関以上は難しいんじゃないかと思いますし、
得意の左四つから寄ったり投げたり、足を使ったりするのも悪くないんじゃないかというのが私の見解ですね。


少し長くなってしまいましたが今日はこの辺で。 またしばらくしたら同じような内容を投下するかもです

ここがポイント、私の視点

凝ったサブタイトルをつけても、結局内容はスッカスカなのでそこまで練る必要はないと思います(なげやり

さて久々にスポーツ関連の更新ですが・・・

あまりに久々過ぎて、どこからどう切り出してまとめていいかわかりません。
何回かに分けて色々とチェックしていきたいですね。

前回野球以外のスポーツに関して書いた記事は9月頃に遡らなければ無いと思います。

という事は、10月から現在にかけてのまとめという事になりますね。


私がチェックしている主なスポーツは、「野球」「相撲」「F1」の3つですから
とりあえず、専用のカテゴリがある野球を除いた二つに付いてみていきましょう。


まずは相撲。
10月は場所がありませんから、特に話題はありませんね。 番付発表がありましたが
「大砂嵐」が入幕を果たしました。 先場所の遠藤に続く期待の力士の入幕に心躍りますね。
ちなみに遠藤は先場所終盤に痛めた足首の状態が非常に気になります。

11月九州場所、初日に大砂嵐・遠藤が共に破れ、少しがっかりという感じになりました。
その後二人とも低調なまま場所が進み、その間に佐渡ヶ嶽部屋の両大関が怪我で球場。

今場所、私個人が応援している力士が軒並み星を落とす中で、千代大龍が好調なのが救いでした。

稀勢の里はもったいない取りこぼしがあって2敗、その中で両横綱がそろって11連勝とするなど
そろそろ大勢が決してきましたかね。 テレビ解説も、千秋楽の全勝対決を望んでいるかのような論調です。

しかし、私は稀勢の里がせめてどちらかの横綱に勝ってくれると信じています
最近の内容も悪くないですし、落ち着いて相手を見れば勝機はあると思います。

それから、6日目あたりから、大砂嵐・遠藤の二人が復調し、星を戻して来ました
遠藤は左四つが素晴らしいですね。柔軟に対応しつつも、自分の形に拘る取り口なのが非常に良いと思います

大砂嵐は、若干力任せな所もありますが、スピードもあり非常に賑やか(?)な相撲です
相撲がよくわからない人にも、ある意味わかりやすい強さを発揮しているのかもしれません。

そういった面では、この二人は非常に対照的ですね。取り口の違いに注目して相撲を見るのもおすすめです。


F1は、あまり語るところナシといったところでしょうか・・・

ベッテルが強すぎる、ただそれだけでしょう。何しろ100日以上ベッテル以外が勝っていないわけですし。
最年少で世界選手権4連覇、シーズン連勝記録更新、もうなんでもありですね。

ちなみに、ベッテルが8連勝している間に、最もポイントを獲得したのがグロージャンらしいです。
去年のスパでの事件や、その他もろもろを考えると、どうしても素直に応援できない
(それどころか去年の間は本当に憎らしかった)ドライバーですが、今年は非常に安定していますね。

来年はロータスのエースとして、どんな活躍をしてくれるのか、今度は心から期待したい一人です。


・・・それでも私の心はフェラーリです。レギュレーションが大きく変わり、
ライコネンが加入する来年こそはチャンピオン奪還を達成してほしい・・・! 


今週末は最終戦、マッサのフェラーリラストランを見届けたいと思います。
ウィリアムズでも結果を残してほしいですね。期待の若手、ボッタスのかませにならないように



長くなってしまいましたが、今日はこのあたりで

この二つの話題で、まだまだ気になるところがあればどんどんご意見お寄せください。
独断と偏見による、そして薄っぺらい内容を引き延ばした記事をどんどん更新します!
咲-Saki-まとめアンテナ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
頂いたコメント
リンク
↓愉快な物好き達↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。